若手消防士の備忘録

若手消防士と消防を目指す方のためのwebサイト

【消防の資機材紹介】現役若手消防士が東京国際消防防災展に行ってみた2

 

f:id:firestoneman:20180609134625j:plain

【消防の資機材紹介】現役若手消防士が東京国際消防防災展に行ってみた2

 

前回記事はこちら⇩⇩

 

www.firestoneman.com

 

 

こんにちは健二です。

 

今回が前回に引き続き東京国際消防防災展で展示されていた資機材たちの紹介を行っていきたいと思います。

 

目次

 

 

 

資機材紹介その2

 

 

 

シゲマツ 空気呼吸器 ライフゼムA1-12

 

f:id:firestoneman:20180611153325j:plain

まず1個目はシゲマツ社製の新型の空気呼吸器です。

 

シゲマツ社は主に防塵マスクや防毒マスクをはじめとする呼吸保護具を開発・製作・販売をしてい会社でシゲマツ社の製品の中でもライフゼムシリーズは国内の空気呼吸器でトップのシェアを誇ります。

(ベテランの消防職員の人の中で空気呼吸器のことを違う製品でもライフゼムと一貫して呼ぶ人がいるくらいです、、笑)

 

そんなライフゼムシリーズの新型の製品がライフゼムA1-12です!

 

こちらの空気呼吸器はハーネス(ボンベを取り付けたり背負う部分)の軽量化をはじめとする改良はもちろん面体もとても扱いやすいです。

 

実はライフゼムA1-12は2016年の大阪国際消防防災展で発表されていたのですが、僕の所属する消防本部ではライフゼムからドレーゲル社製の空気呼吸器にシフトしていっているのでライフゼムA1-12をみたのは今回が初めてだったので紹介させていただきました(笑)

 

 

ドレーゲル社の新型の面体には音声通信装置(無線機能)が付いたものが販売されていますが、 現在シゲマツ社では視界に特化した面体を開発中とのことです。

 

面体のアイピース(透明の部分)が大幅に広くなり活動のしやすさが向上されるのではないかと思います。

 

実際に試着してきて非常に感動したのですが、感動しすぎて写真を撮ってくるのを忘れてしまいました(笑)

 

 

モリタ AIRCORE(タービン式消火装置)

 

f:id:firestoneman:20180611160017j:plain

 

僕はこれを発見したときに思いました、

 

 

何だこれは!!と。

 

 

なんとこちらは送風ができるタービンがついた放水銃だったんです!

 

こいつが開発されたことがどれだけすごい事かといいますと、

チーズインハンバーグを開発したくらいすごい!(わかりずらい)

 

 

簡単に説明しますと、火災の時に多く発生して隊員や要救助者に被害を及ぼすのは煙と熱です、煙に関しては視界もさえぎられてしまうので活動障害になりますね。

 

一般住宅の建物火災などであれば普通のノズルで噴霧注水(棒状ではなく広角でミスト状の放水)をすれば気流が発生して排煙ができないことはないのですが、工場火災やトンネル火災などの大規模火災現場では普通のノズルでは不可能です。

 

大規模火災現場での排煙をするために大型ブロアー車を保有している消防本部もありますが送風だけですと、熱気と煙は排出することはできますが、空気も一緒に送っていますので場合によっては火勢が拡大してしまうこともあります。

 

しかし!モリタ社のAIRCOREを使用すると送風と一緒に放水もできるため、煙と熱気を排出しながら消火活動までできてしまうのです!!

 

しかも、このAIRCOREの能力がこれまたすごい。

 

最大送風能力 150,000m/h(秒速約30m)⇒台風並み

 

最大放水能力 3,500L/min(一般的なポンプ車は最大2,000L/min)

 

という並外れた能力を持っています。

(ちなみに低速ですが走行もできます)

 

 

これがどれだけすごいかというとフードファイターが食べきれないほどのでかいサイズのチーズインハンバーグくらいすごいです。

 

 

AIRCOREはとんでもないです、、笑

 

 

※ちなみに自走式大量噴霧放水大型ブロアー車と呼ばれる送風と放水ができるまたまた兵器級の車両が存在します。

 

 

S.T.Japan CBRNeシステム

 

f:id:firestoneman:20180611165005j:plain

 

「これはやばい、、」

 

 

これを発見した瞬間にこのシステムがなにを示しているのかわかりました。

 

このシステムは主にCBRNEと呼ばれる特殊災害が発生したときに活躍するシステムなのですが、それがかなり画期的なのです!

 

※CBRNE(C...chemical 化学 B...biological 生物 R...radiological 放射性物質 N...nuclear 核 E...explosive 爆発物 が起因となる特殊災害を表す総称)

 

 

もしこういった特殊災害が発生した場合は2次災害やさらなる負傷者を出さないために立入を制限する警戒区画をの設定(zoning ゾーニングといいます)や、その区画を考慮して要救助者の救出方法、救護所の設定等、物質によって汚染されてしまった要救助者・隊員の除染のためのテント設営等をしなくてはいけません。

 

基準によって安全な距離などは定められていますが、地形や風向き、大規模な建物等の障害物によって安全な場所は変わってきてしまうので、それぞれを把握する必要あるのです。

 

しかし、このシステムを利用すればそれが一瞬でわかってしまうのでそれだけで活動が円滑になることがわかります。(地図はGoogle mapを使用しているとのことです)

 

しかもこのシステムはスマートフォンにもインストールできるようなので現場に近づいている隊員からの状況報告が無線機を使わなくてもスマートフォンでできてしまいます。

 

写真等もその場で共有できるようです!

f:id:firestoneman:20180614153024j:plain

(※画像が乱れていますがご了承ください)

 

 

こちらのシステムは現在国際線のある千葉県成田市で導入されているようですが、これからは規模の大きい市町村や政令指定都市でも導入されていくかもしれませんね!

 

 

 

まとめ

 

 

今回は消防職員が普段使いするような資機材から、めちゃくちゃ強力な消火資機材、最先端の特殊災害対応システムを紹介させていただきました。

 

東京国際消防防災展では新型の車両の展示も行われていたので次回はそちらの紹介をしていきたいと思います(^^)/

【消防の資機材紹介】現役若手消防士が東京国際消防防災展2018に行ってみた

 

f:id:firestoneman:20180609134625j:plain

【消防の資機材紹介】現役若手消防士が東京国際消防防災展2018に行ってみた

 

 

こんにちは、健二です!

 

先日東京ビッグサイトで5月31日から6月3日まで開催されていた東京国際消防防災展2018の6月3日の4日目に行ってきました。

 

 

僕自身、東京国際消防防災展に行ったのは今回が初めてだったのですが、最新の消防防災設備を沢山見物してきたので、ここでいくつか紹介したいと思います。

 

今回はなかなかマニアックですがよろしくお願いします(^^)/

 

 

 

目次

 

 

 

 

東京国際消防防災展とは

 

 

今回僕が行ってきた東京国際消防防災展は1982年に第1回が開催され、1994年に開催された第5回からは東京消防庁との共催となって今回で第10回目の開催であったとのことです。

 

前回は2013年に実施されているので5年に1度の開催だと思われます!

 

 

目的としては住民の防災意識と知識を高めるための「広報活動」

 

企業による最新の消防防災設備の「展示発表」

 

また、上記の2つと行政組織(消防組織)の「連携強化」

 

が目的とされています。

 

 

具体的に実際に行われていることを紹介すると、

 

防災イベントやはしご搭乗体験、消防演習などの企業や消防組織と住民が触れ合って防災への関心や知識を高めてもらったり

 

各企業が最新の高性能な消火、救急、救助資機材を展示発表することで各消防組織に宣伝し、最新の資機材を取り入れてもらって消防力の向上を目指したり

 

セミナーなども行われていましたね

 

あとは、、

 

僕のような消防オタクが自分の欲求を満たすために会場内をうろちょろしたり(冗談です,,,笑)

 

 

などの様々な目的で、今回開催された東京国際消防防災展2018は4日間の開催で合計179,428 人もの方が来場されたとのことです(重複含む)。

 

17万人とはすごいですな、、

 

そんな日本で最大級の消防防災イベントに参加して最新の車両・資機材を見てきたのでいくつか紹介したいと思います!

 

 

 

展示されていた最新の資機材

 

 

 

非常に沢山の資機材が展示されていましたが実際に警防活動をしている僕の目線から見て感動したものや、使ってみたいと思うものを紹介していきます!

 

 

カネコ 信号付投光器(LED式)

 

 

f:id:firestoneman:20180609160513j:plain

 

 

まずはこちら

 

カネコ社の新作の信号付き投光器です!

 

従来のものに比べて投光器本体が小型・軽量化されていたので非常に取り回しがしやすそうでした。

 

また、従来のものはライトの部分でハロゲンライトを採用していましたが今回はLEDを使用しているため照度が大幅に良くなったそうです!!

f:id:firestoneman:20180609160919j:plain

 

って、、

 

個人的にはハロゲンのほうが見やすそうって感じてしまうのですが、、(笑)

 

 

はい!そこはともかく、新型カネコ信号付投光器には小型・軽量化のほかにもう一つ新たに加わった機能があります。

 

蓄光ケーブルです!

 

蓄光ケーブルとは明るい場所でそのケーブルが光を吸収して暗所で発光するものです。

 

これにより、暗い建物内に屋内進入した隊員が退路を確認しやすくなるなど、救助活動に良い効果をもたらすことができます!

f:id:firestoneman:20180609161651j:plain

 

さらに、ケーブルは非常に強い強度でできているので上階からの緊急脱出等にも使用できます。

たしか800㎏ぐらいまで耐えられます(ちなみにケーブルの強度は従来型も同じですがより強いモデルも販売されるそうです)。

 

 

 

オグラ 電動油圧救助器具

 

 

f:id:firestoneman:20180610115847j:plain

 

 

続きまして

 

オグラ社の電動油圧救助器具です!

 

以前からちらほら使用している消防本部はあると思いますが、従来の油圧救助器具は大型・高重量・コード付きと、非常に取り回しがしづらく、使用どころか搬送だけでも一苦労するものばかりでした。

 

従来の油圧救助器具はパワーユニットと呼ばれる油圧ポンプと器具とを油圧ホース(これがまた扱いずらいのです)繋いでそのコードの範囲内でしか使用ができませんでした。

 

しかし!この電動油圧救助器具は、なんとバッテリー式

 

ホースもパワーユニットも必要がないので設定の手間が省けますし、何よりも取り扱いがしやすいのです!

 

 

もちろんパワーも抜群です(^^)/

 

 

Drager FPS®-COM 5000

 

f:id:firestoneman:20180610121510j:plain

 

 

続きまして

 

ドイツのドレーゲル社から販売されている呼吸器用面体です。

 

ドレーゲル社は消防の他にも病院やガス産業、化学工業などでも活躍しているすごい会社なんですが、そんなドレーゲル社から販売されている最新の面体がこれまたすごいのです。

 

なんとこの面体

 

音声通信装置付きの面体なのです!

 

 

火災現場をはじめとする災害現場では隊員間での意思疎通・伝達が必要なため各隊員は携帯型の無線機を持ち歩いています。

 

普通に屋外にいる分には無線機を使えばコミュニケーションはとれるのですが、

 

空気呼吸器の面体を付けて屋内進入している隊員は

 

シュー、シュコー(空気呼吸器の音 ダースベーダーみたいな音

 

だったり

 

ボー、パチパチ(何かが燃えている音)

 

だったり

 

ブァーーーーー(放水の音)

 

だったりと、とてつもない音が聞こえてくるわけです。

 

 

しかし!この音声通信装置付き面体には面体に無線機の機能が携わっているのです!(マイクとイヤホンが面体にくっついてます)

 

実際に試着させてもらったのですが、想像以上に音質も良く聞き取りやすかったのでかなり使えると思います!

 

音声の発信も手がふさがっていることが多い屋内進入中でも容易にできるように、発信ボタンが大きめに作られているのもGoodですね!(灰色の丸っこいのが発信ボタンです)

 

 

まとめ

 

今回は3つの資機材を紹介しましたがその他の資機材の資機材も別記事で紹介していきたいと思いますのでよろしくお願いします(^^)/

 

 

おまけ

f:id:firestoneman:20180610124025j:plain

ドレーゲルの陽圧式化学防護服(レベルA防護服)です。

 

テロ災害などの特殊災害対策に使われる防護服です(^^)/

 

2020年の東京オリンピックに向けてさまざまな消防本部で特殊災害対応資機材がどんどん配備されていってるみたいですね。

 

 

次回記事はこちら⇩⇩

 

www.firestoneman.com

 

 

 

これからの消防組織~市町村消防の広域化について~

f:id:firestoneman:20180511140219j:plain

 

 

消防の広域化

消防を取り巻く環境の変化と「広域消防運営計画」

 

 

こんにちは、広域消防組織の消防士に拝命されて4年目になります。健二です。

 

 

みなさんは「広域消防運営計画」というものを知っていますか?

 

 

現在日本には災害対応をする公的な機関は自衛隊、警察、消防とありますが

 

自衛隊は国単位

 

警察は都道府県単位

 

消防は市町村単位

 

と、消防は災害対応する機関の中で各組織(各消防本部)が最も小さい単位の市町村になっています。

 

 

理由としては、日本の地理・地形の特性上、市町村ごとに川や山、海などの自然の特性、高速道路や工業団地、高層建物などの人工的な特性が各市町村によって違ってくるため災害対応の方法が少なからず変わってくるという理由から消防組織は東京消防庁を除いて市町村単位での運営となっていました。

 

 

しかし、近年日本における消防を取り巻く環境の変化(文明の発展や消防に対する国民のニーズの変化)から、市町村単位では対応の難しい災害や、カバーしきれない量の災害の発生等が原因により消防組織の広域化が進められています。

 

 

今回は消防を取り巻く環境の変化市町村の消防の広域化によって期待できる効果(メリット)について書いていきたいと思います。

 

 

 

続きを読む

消防士の休日~GWや年末年始等の祝日について~

f:id:firestoneman:20180505160858j:plain

365日24時間勤務の消防士

祝日などはどうなっているのか

 

 

 

 

 

消防士にゴールデンウィークは、、、

 

 

 

 

こんにちは。ゴールデンウィーク真っただ中に前日の勤務と救助大会に向けての訓練で疲れ果てている健二です。

 

 

はい!このブログを書いている5月5日は、、、

 

 

 

そうですね、こどもの日(祝日)ですね。

 

 

私自身は本日は明け(非番)なので一応朝に勤務を終えて家にいますが、現在私の働いている署では私の反対番の職員の方が勤務しています。。。

 

 

そうです、、

 

単刀直入にいいますと

 

 

 

消防士にゴールデンウィークはない!のです

(厳密にいうと祝日でも休みではありません)

 

 

 

なぜかと言ったら理由は簡単です。

 

 

国民の休日であれ国民に災害は降りかかるからです。

 

 

はい、つまりいついかなる場合であっても消防署では災害に対応できる体制を24時間365日整えておかなくてはならないのです。

 

 

むしろゴールデンウィークのような大型連休になると普段慣れないような方が運転をしたりするため交通事故などがほかの日よりも多い傾向にあります(特に高速道路など)。

 

 

 

 

 

これといっては何ですがゴールデンウィークとなると多くの事業所が休みになるので、予防査察や火災予防条例に係る届出(来庁者)等が少なくなるので署にも正直休日感が出てしまいます。(笑)

 

 

そのため多くの時間を訓練に充てたり、車両等の整備を普段よりしっかりとできるので私個人的には好きですが、、、(消防士はやることを探せば無限大にあります。)

 

 

ですが国民の皆さんは休んでいるのに消防士は仕事をしている。

そこの勤務の扱いはどうなっているのかと勘のいい方は思うと思います。

 

 

次に消防士の祝日の扱いについて書いていきたいと思います。

 

 

 

消防士の祝日の扱い

 

 

 

消防士は祝日でも仕事をしています。

しかし、代休を勤務者全員にあげるわけにもいきませんので労働基本法に則って休日の勤務に関しては次のような扱いがされています。

 

 

 

 

祝日に勤務をすると代休の代わりにお金がもらえる

 

労働基準法では休日について次のように定義しています。

 

 

法定休日

使用者は、毎週少なくとも1回又は4週間を通じて4日以上の休日を与えなければならない(労基法第35条)これを法定休日という。

 

これは普段の休日に関してですが国民の休日もこの法定休日と同じような扱いがされます。

 

本来であれば休日に働いた場合は、代休を取らせればそれで済むのですが消防署ではそういうわけにはいきません。

 

そこで代休が出せない代わりに時間外勤務(残業)として祝日の勤務を扱います。

 

 

法定休日に勤務させたときは、35%以上の率で計算した割増賃金を支払はなければならない(労基法第37条第1項)。

 

 

上の条文をわかりやすく説明すると時給1000円だった場合、法定休日に勤務すると1時間あたり1350円もらえるということです。

 

 

これを消防では休日に勤務することで発生する手当なので休日手当(休日給)と呼んでいます。

 

 

 

 

まとめ

 

 

ざっくりまとめると。

 

消防士に祝日は関係ない

 

でも祝日に勤務するとお金がもらえる!

 

 

でした!

 

 

 

おわり

 

 

火災とは3~燃焼現象の基礎知識~

f:id:firestoneman:20180409133533j:plain
火消しとして知っておきたい!

燃焼現象の基礎知識!

 

 

 

 

こんにちは。消防隊の健二です。

 

 

私は紺色の服を着ているポンプ隊(消防隊)なので火災の際の一番の任務は火を消すことです!

 

 

みなさんは火災が何で発生するのか、なぜ燃焼現象は継続するのか、燃焼とはいったい何が燃えているのかを知っていますか?

 

 

そんな消火を専門とする消防士として知っておかなければならないのが燃焼現象のメカニズムです。

 

 

追求していくとかなり濃い内容になりますが、今回は「燃焼現象の基礎知識」ということで基本的な事項をピックアップして書いていきたいと思います。

 

 

 

続きを読む

火災とは2~火災の分類~

f:id:firestoneman:20180409133533j:plain

消防職員は覚えておこう!

火災の分類について!

 

 

 

こんにちは健二です。

 

最近は業務多忙と救助大会の練習で更新をさぼってしまっていました(;´Д`)

 

 

今日は久しぶりの更新となりますが前回に引き続き消防が取り扱う「火災」についての基礎知識について書いていきたいと思います。

 

 

前回は火災の定義と消防で扱う用語をいくつか紹介しました。

 

fireman-shouboushi.hatenablog.com

 

 

まだ読んでいない方は是非一度目を通してみてくださいね(^^)/

 

 

ちなみに「火災の定義」に関しては消防職員であれば知っていなければならない基礎知識なのでぜひ覚えてくださいね。

 

 

それでは今回は火災の分類について。

 

 

火災の分類は「火災の種別による分類」「焼損程度による分類」「出火原因別による分類」の3つに分けてお話していきたいと思います。

 

 

それではよろしくお願いします。

 

 

続きを読む

火災とは1~ちゃんと知っておきたい火災の定義~

f:id:firestoneman:20180409133533j:plain

 

意外と細かい!消防の扱う火災について

 

 

 

こんにちは、平和主義の健二です。

 

 

今回は消防の活動のメインになる?火災について書いていきたいと思います。

 

 

火災については消防学校の初認教育でも必ず授業でやる内容ですが、実際に勉強しないとわからないような内容なのでここで少し紹介していきたいと思います。

 

 

それでは今回は

 

1)火災の定義

2)火災に関する用語

 

の2本建てでございます(パチパチ)

 

 

それでは早速いってみましょう!

 

続きを読む